着物の買取で気になるコト。着物を正しく査定してくれる?買取業者さんは信用できる?着物の買取相場ってどれくらい?そんな不安を着物を売る前に解決して、安心して依頼出来る着物の買取方法を紹介します。

着物買取のおすすめ方法!信頼度・査定価格・安心感で失敗しない選び方

着物の買取について

留袖の着物を高く売るポイントと安心できるおすすめ買取業者とは

投稿日:

黒留袖の着物

留袖の着物は売ることが出来るのか?

年末に近づいてくると、お部屋の掃除と同時に、洋服タンスの中身も整理する人も多いのではないでしょうか。

和服に限らず洋服は、意外と処理に困るものです。

まだ着られるものであれば、捨ててしまうのではなく、売ろうと考える人も多いのではないでしょうか。

また、着物であれば、大切に着てくれる人がいたらその人に売りたいなと考える人も多いでしょう。

 

では、家紋などが入ることが多い留袖の着物などは、売れるのでしょうか?

和装の中でも「留袖」は、中古で買う人が意外と多い着物なのです。

最近は家紋を気にしない人も多いので、入っていても売ることができます。

留袖は着物の中でも第一礼装に分類されます。フォーマルな格式高い着物であり、大変価値のある着物なのです。

着物のデザインも大変特徴的で、縫い目の境目の部分で絵がぶつ切りにならないようにデザインされた、絵羽模様と呼ばれる美しい模様があしらわれています。

一枚持っていれば、周りからの評価も上がること間違いなしの着物ですが、着る機会が限られている人にとっては、保存方法なども気を使う服ですので、中古で安く購入したいという人も多いのです。

ですから、留袖の着物は、中古品を買い取るお店の方でも、買取の提案がしやすい商品なのです。

 

留袖の着物の買取相場について

留袖は、着物の中でも第一礼服と言われる格式高い着物ですので、買取の時に高い価値がつくと考えられがちですが、実は一概にそうとも言い切れないのです。

新しいものであればあるほど価値は上がりますし、古いものになればなるほど安くなってしまいます。

また、どこのブランドのものなのかも買取価格を左右します。

ここでは、一般的な留袖の買取価格の相場がいくらくらいなのかを解説して行きましょう。

 

留袖には2種類あります。

まず、結婚式で新郎新婦の母親が着ているのを見たことがある人も多いはずの「黒留袖」です。

黒留袖は、裾に美しく洗練されたデザインがあしらわれただけのシンプルなものが多いです。

かなりフォーマル感の強い黒留袖の場合、中古品であれば6,000円~12,000円、未使用で高級品の場合は、25,000円~30,000円が相場です。

次に、着る人の年齢を選ばない「色留袖」です。黒以外の色が使用された留袖で、裾にのみ美しいデザインが入っているのが特徴です。

ものによってはセミフォーマルな場などにも着ていくことができます。

こちらは、中古品であれば8,000円~12,000円、未使用で高級品の場合は25,000円~30,000円が相場と言えます。

 

買取価格の高い留袖の条件とは

着物の中でも高級品である留袖であっても、買取の際の価格が高額になるとは限りません。

しかし、売るならできるだけ高く売りたいというのが本音ではないでしょうか。

ここでは、買取査定が高額になりやすい着物の特徴をあげて行きましょう。

 

着物の買取査定の際に一番重要視されるのが、その着物の状態のよさです。

例えば、虫食いなどがないか、シワやシミがないかなどです。

また、丈が日本の女性の平均身長である155cm以上であれば、そのあと売りやすくなるので査定には良い方向に響きます。

さらに、証紙などがあればなお良いでしょう。

 

また、着物の産地や作家などが有名であれば、買取価格が高くなる可能性があります。

加賀友禅や京友禅、また無形重要文化財指定のある結城紬や久米大島紬などの有名どころは高額な査定がつく可能性が高いです。

逆にとても安く査定されてしまったら、安く買い叩かれている可能性もあるので別のお店に査定してもらうのも良いでしょう。

作家によっても値段が変わりますので、斉藤三才や久保田一竹、皆川月華をはじめ、大羊居や中村勇二郎、本場黄八丈、また野口彦太郎や本場越後上布、由水十久、あるいは野口真造に羽田登喜男、木原照江、そして山鹿精華や龍村平蔵、北村武資などの作品であれば、高額な査定が期待できます。

 

留袖を買い取ってくれる業者は?

最近、着物買取の需要が増えているのをご存知でしょうか。

最近は若い人の中でも和柄を小物としてカジュアルに取り入れる方から、きちんとした礼服として1着持っておきたいと留袖などを購入される方が増えているそうです。

しかし、買取先によっては様々なメリット・デメリットがあります。

・リサイクルショップのメリット・デメリット

着物に限らず、衣服を売ろうと考えた時に思いつくのがリサイクルショップの利用ではないでしょうか。

リサイクルショップはたくさんありますので、ご自宅の近くのショップに気軽に立ち寄れば査定してもらうことは簡単です。

また、意外と長くかかる査定時間中には、リサイクルショップ内でウィンドウショッピングもできますし、お店によっては買取で得たお金ですぐにお買い物をすることも可能です。

忙しい人が多い現代、その手軽さは、やはり大きなメリットといえるでしょう。

一方で、着物の買取の適正価格を査定するためには、着物の世界の専門知識(織り方、作家名、ブランド名など)を必要とするため、アマチュアでは、なかなか正確に査定するのは難しいと思われます。

仮に大変価値があるものだったとしても、店員さんの知識不足が原因で、ほとんどタダみたいな値段で売ってしまったという失敗談もよく聞きます。

売る側も買う側も着物に関する知識が乏しい場合、価値があっても見逃されてしまう危険性があることは、デメリットとして認識しておく必要があるでしょう。

・着物買い取り専門業者のメリット・デメリット

着物の中でも、特に留袖などの礼服の買取を希望する場合、一般的に衣服を売ることの多いリサイクルショップやオークションで売るよりも、着物買取専門業者に頼む方が一番適切かつおトクかもしれません。

リサイクルショップでは、専門知識のない定員さんに買いたたかれてしまう可能性もありますし、オークションでも自分で価格付けした場合、着物の価値と合わない金額になってしまう可能性があります。

しかし、着物買取のプロフェッショナルに任せれば、着物の質、ブランド価値などから、柄や着物の格まできちんと査定した上での適正金額を知ることができます。

あまり期待していなかったのにお宝だった!という話もよく聞きます。

しかし、着物買取専門業者はどこにでもあるわけではないので、手軽さに欠けるのがデメリットと言えます。

しかしながら、業者によっては出張買取などを行っているところもありますので、そういったものを利用するのも一案です。

大切な留袖の買取価格が下がるポイント

着物というのは、保存やお手入れにも手がかかりますし、着られる場所は限られているものです。

特に留袖などの礼服は、そう何度も着る機会があるものでもないため、数回着た後で売ってしまいたいという方も多いようです。

ここでは、留袖などの着物を売る際に、買取価格が下がってしまうポイントをご紹介いたします。

最低でもこの4ポイントを押さえておけば、買取価格にがっかりすることも減るかもしれません。

・留袖の買取価格はサイズで変わる

留袖を売る際に気を付けたいのがサイズです。

買取業者は、買い取った着物をさらに別のお客様に売る、という仕事です。

着物のサイズが日本の女性の平均身長の158cm以下のものだと、次の買い手がつきにくいため、査定額が安くなってしまう可能性があります。

サイズが大きい分には、そのあと仕立て直して平均身長に似合うサイズまで小さくすることができるので、査定に問題ないことの方が多いです。

仕立て直しが可能になる、大きなサイズのものであれば、多少シミなどがついていても切り取ることができるので、査定額が高くなることが多いのです。

しかし、身丈が160~165cm以下(平均身長の人が着た時におはしょり部分が出ないほど小さいサイズ)や、身長の低い方が利用していたもの、子供用などは、ほとんど値段がつかないことも多々あります。

・留袖の買取価格は保管状態で変わる

二つ目に、査定金額に大きく影響してくるのは、留袖の保存状態です。

シミや虫食い、カビや黄ばみがないかどうかは大切な問題です。

あまりにもシミや汚れがひどい場合は、再利用できませんので、買い取ってもらうことすら難しいかもしれません。

汚れのあるなしに関しては、着物の専門知識がなくとも見れば分かるものですので、買取希望の留袖があれば一度くまなくチェックすることをおすすめします。

また、汚れの程度にもよりますが、クリーニングに出せばきれいになりそうなレベルであれば、一度お金をかけてきれいにするのもよいでしょう。

結果的に大きなリターンが期待できるかもしれません。

この部分に問題があるという場合は、着物買取という枠ではなく、生地の中でも汚れていない部分を切り取って、手芸用としてリサイクルショップやオークションを利用するのもよいでしょう。

・留袖の買取価格は証紙などの証明の有無で変わる

留袖が、有名作家の作品や有名な友禅など、いわゆる「ブランド着物」である場合、伝統工芸品や重要無形文化財であるケースも多いです。

価値が高いので当たり前とも言えますが、その場合は、通常の留袖よりもはるかに高価な金額が提示されることが多いです。

しかし、そういった場合でも、この着物が間違いなくブランド着物であるという証明をする証明書がないと査定額が下がってしまうことがあります。

そうなってしまっては、せっかく価値の高いものなのにもったいないので、こういったブランド着物を購入する際には必ず証明書を受け取るようにしましょう。

また間違って処分しないように大切に保管しておくことも大切です。

また、どなたか親戚の方のものだったりする場合でも、このような価値の高い着物を購入する人はその価値をきちんと理解している人が多いため、証明書を処分することはないと思われます。

保管場所がないかどうか探してみるとよいでしょう。

・留袖の買取価格は着物買い取り業者で変わる

留袖の買取業者はたくさんありますが、買取価格は買取業者によってまちまちです。

しかし、たいていの場合、売る側にも着物の知識がないことが多いです。

そういった場合に特に気を付けたいのが、買いたたくことを前提にアプローチをしてくる悪徳業者です。

最近では、悪質な業者が営業の電話をかけてきて、査定は無料でやりますなどと言いながら、のちに訪問してきた際にその着物の価値に見合わない安い金額で着物を強引に買い取ってしまうケースも増えているようです。

こういったところは、最初から査定をする気などないので、着物の質や状態が普通~キレイなものであっても、必要以上にこきおろしてきます。

最初から「こんな状態では他の業者はとりあってくれない」などと言って安すぎる金額を付けてくる場合にはそれが真実なのか疑う必要があります。

ケチをつけられても、焦らず別の専門業者に査定を依頼しましょう。

また、泥棒まがいの悪徳業者の中には、「一度持ち帰らせてほしい」などと言って着物を持って行ってしまい、返してくれない、というケースも発生しています。

こういったことを避けるためにも、信用のできない買取業者ではなく、実績と信頼のある着物専門の買取業者を選んで、査定をお願いするのがおすすめです。

着物というのはかなり奥が深い世界ですので、アマチュアでは分からないことがたくさんあります。

一方で、プロフェッショナルに見てもらえば、思わぬ金額が提示されることもあります。

留袖を売る際には、着物買取業者の選び方には特に気をつけましょう。

 

和装品も一緒に買い取ってもらう

着物は、洋服に比べて、服を身に着けるときに必要な和装小物が多いです。

帯留めや帯しめなど、着物を着るときにしか使わないものや、和小物など着物姿をより引き立ててくれる装飾品まで、たくさんあります。

留袖のような格調高い着物にも、それに似合った品がよくて華やかな和装品が必要です。

しかし、知識がない状態で買うとなると、意外とハードルが高いので、留袖を購入した時にまとめて買ってしまったという方も多いのではないでしょうか。

留袖を売ってしまうなら、留袖をキレイに見せてくれるかんざし、帯どめ、草履、バッグや小物なども一緒に売ってしまえたら理想です。

留袖など着物本体だけではなく、かんざしや帯どめや草履などの和装品も一緒に買い取ってくれるのは、やはり着物買取専門のお店が多いです。

着物買取のお店は、着物だけではなく和装小物が欲しいという人もお客様なので、他では買い取ってもらえないものまできちんと査定してくれますし、実際買い取ってもらえることも多いです。

和装小物の買取値段はまちまちですが、保存状態がよく鑑定書や保証書などがついている高級品は高額な買取が期待できます。

しかし、保存状態が悪いものなど買取価格は低くなってしまう可能性もあります。

 

-着物の買取について
-, , ,

Copyright© 着物買取のおすすめ方法!信頼度・査定価格・安心感で失敗しない選び方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.