着物の買取で気になるコト。着物を正しく査定してくれる?買取業者さんは信用できる?着物の買取相場ってどれくらい?そんな不安を着物を売る前に解決して、安心して依頼出来る着物の買取方法を紹介します。

着物買取のおすすめ方法!信頼度・査定価格・安心感で失敗しない選び方

着物の買取について

訪問着の着物買取で買取相場に見合った査定額をもらうポイント

投稿日:

 

訪問着の着物は売ることが出来るのか?

着物を持っていてもなかなか着る機会がないという方は多いでしょう。

特に訪問着となるとフォーマルな場で着るものなのでその機会はいよいよ少なくなります。

とはいえ捨てるわけにもいかず、何となく箪笥にしまったままになっているケースがほとんどなのです。

しかも着物はただしまっておけばよいというわけではなく、定期的にメンテナンスをしてあげる必要があります。

一年に数回は箪笥から出して虫干しを行わないと、虫が着物を食べてしまう恐れがあります。

虫に食べられてしまったら、もうその着物を着ることはできなくなってしまうでしょう。

着る機会が少なく管理するのも面倒くさいという方は、思い切って着物買取専門店に売るという選択肢を検討してみるのはいかがでしょうか。

訪問着なんて売れるのだろうかと思うかもしれませんが、実は訪問着は比較的高く売ることができます。

通常着物は需要があまりないのでほとんど価値がないのですが、訪問着は高品質のものも多いため思ったよりも高値が付く場合もあるのです。

誰かから譲り受けた着物といったよほどの愛着がある場合は別ですが、訪問着をただ持っているよりは売る方がメリットがあると考えられるでしょう。

 

訪問着の着物の買取相場について

着物を着物買取専門店で買い取ってもらおうと思った場合に、もっとも気になるのはやはりどのくらいの値段で売れるのかということでしょう。

訪問着は通常の着物と比較しても価値が高いので、どのくらいの買取相場なのかという点は前もってチェックしておいた方が賢明です。

まずノーブランドの訪問着、またデザイナー系の着物について考えましょう。

これらは訪問着の中ではあまり買取相場は高くなく、安いもので数百円程度、高いもので5万円ほどとなっています。

着物の生地の状態などが買取価格に大きな影響を与えるので、ここまで幅のある相場となっています。

一方で老舗ブランドの訪問着となると価値が高まります。最低でも1千円程度で買い取ってもらえるでしょう。

高いものになると30万円もの値が付くことがあります。

箪笥に眠っていればお金にはなりませんが、着物買取専門店に売ることができればまとまったお金になることもあるのです。

さらに有名な作家が作った訪問着でも老舗ブランドの着物と同じくらいの価値があると見なされます。

国宝級の作家が作った訪問着であればさらに価値が上がり、1着あたり高いもので50万円程度が相場となります。

訪問着を持っている方は、ぜひ一度どのくらいの価値があるのか査定してもらってみてください。

買取価格の高い訪問着の条件とは

せっかく大切にしてきた訪問着の着物を売るのであれば、できるだけ高く買い取ってもらいたいと思うのは当然のことでしょう。

ではどうすれば少しでも高額査定してもらえるのでしょうか。

いくつかポイントがありますが、もっとも重要なのは着物の生地の状態でしょう。

着物は買い取られた後再び販売されるわけですから、状態が良いものほど買取価格が高くなるのは言うまでもありません。

シミやカビ、ほつれや破れなどはどのお店でもしっかりとチェックされて買取価格に反映されます。

逆に言えば、状態が良いものほど価格が高くなるということです。別のポイントは、丈の長いものです。

というのは、多くの場合着物を購入する人は仕立て直しを依頼するので、丈が長い着物でなければならないのです。

したがって仕立て直しをすることが可能な丈の長い着物は買取価格が高くなります。

お店によって異なりますが、おおよそ150㎝以上の丈があれば価値が高くなると考えてよいでしょう。

さらに日本古来の柄や風情のある柄など、人気の柄の着物も高く買い取ってもらえます。

加えて市場にあまり出回っていない柄も珍重されますが、よほど着物業界に詳しくないと珍重される柄などはわからないと思いますので、訪問着を売りたいという場合にはお店で査定してもらった方がいいでしょう。

 

訪問着を買い取ってくれる業者は?

訪問着を買い取ってもらう場合、非常に重要なのがどのような業者に査定してもらうかということです。

着物を売るという点ですぐに思い浮かぶのはリサイクルショップと着物買取専門業者でしょう。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、それを踏まえたうえで査定を依頼するようにしましょう。

・リサイクルショップのメリット・デメリット

リサイクルショップで訪問着を買い取ってもらうもっとも大きなメリットはその利便性でしょう。

リサイクルショップはどこにでもあるので、気軽に着物を持って行って査定してもらうことができます。

さらに査定にもほとんど時間がかからず、すぐにお金を手にすることができるでしょう。

しかしリサイクルショップで着物を買い取ってもらうのはメリットよりもデメリットの方が大きいと言えます。

その理由は着物の本当の価値をわかってもらえないということです。

リサイクルショップの店員さんはほとんどの場合着物の専門的な知識を持たない人です。

ですから着物の買取を依頼しても、その着物の本当の価値はわからないのです。

ですから価値のある訪問着の着物を持って行ったとしても、古着として処理されてしまう可能性が高くなります。

もし着物の価値がある程度わかる店員さんがいたとしても、細かい査定までは行えないので買取相場よりもかなり低くなってしまうことが予想されます。

リサイクルショップで着物を売るのは、買取価格は何でもいいのでとにかく売りたいという場合だけにしておきましょう。

・着物買い取り専門業者のメリット・デメリット

一方で着物買い取り専門業者に買取を依頼することには多くのメリットがあります。

まずは着物の査定をしっかりしてくれるということです。

着物買い取り専門業者にはプロの査定士がいるので、リサイクルショップのように価値の高い着物を古着として処理されてしまう心配はまずないでしょう。

さらに手続きも簡単です。

もちろんリサイクルショップでも簡単に買取はしてくれますが、着物の価値をわかってくれている着物買い取り専門業者に買い取ってもらった方が大切に扱ってもらえることでしょう。

一方でデメリットとしては、自分が思ったほどの査定額が出ないということが挙げられます。

リサイクルショップよりは高く買い取ってもらえる可能性が高いですが、確実に自分が希望する金額でというわけにはいかないでしょう。

それぞれのメリットとデメリットをよく考慮しつつ、リサイクルショップと着物買い取り専門業者を使い分けるようにしましょう。

大切な訪問着の買取価格が下がるポイント

訪問着を高く買い取ってもらうために何をしなければならないかということはもちろん重要なのですが、どうすると買取価格が下がってしまうのかについても知っておくことは大切です。

大事な訪問着を少しでも良い価格で売るために、どんな点に注意しなければならないのでしょうか。

・訪問着の買取価格はサイズで変わる

まず重要なのは、買取価格がサイズで変わるという点です。

着物のサイズは通常の服と同様、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズがあります。

この中でも高値で買い取ってもらえるのはMサイズとLサイズです。

対応身長としてはMサイズが155㎝から、Lサイズが160㎝からとなっています。

大きなサイズの着物は体に合わせて小さく仕立て直すことが可能ですが、小さな着物を大きくするということはできません。

ですから着物買い取り専門業者としても、サイズの大きい訪問着の方を高値で買い取ることになるのです。

逆にSサイズや丈が150㎝以下の短い着物は買取価格が下がってしまいます。

ただし縫い代が多くとってある着物の場合は、買取価格に反映されるかもしれないので詳しくは専門家に尋ねてみることにしましょう。

せっかく状態の良い着物でも、サイズによって価格が下がってしまうことがあり得るのです。

・訪問着の買取価格は保管状態で変わる

さらに買取価格を下げてしまう別の要因は保管状態です。

これはどんな服でもそうですが、着物の場合は保管状態が悪いと劣化が激しくなります。

ほぼ新品の状態、クリーニングに出してあってきれいな状態の訪問着は高値で売れるでしょう。

一方、ひどいシミや汚れ、ほつれなどがある場合には買取価格は下がってしまいます。

少しのシミや汚れであれば、業者がクリーニングに出して再度販売することができるので買取は可能ですが、汚れがひどい場合や落ちないと予想される場合には買取自体が拒否される恐れもあります。

やや面倒くさいと思うかもしれませんが、一度訪問着を着たならクリーニングに出しておくことや、1年に3回くらいは虫干しして着物が傷まないようにメンテナンスしてあげることを意識すると良いでしょう。

ただし着物のクリーニング代はかなり高いので、買取を依頼するからクリーニングに出すとなるとクリーニング代の方が買取価格よりも高くなってしまうこともあります。

心配な場合は一度着物買い取り専門業者に持って行って、どちらの方が賢い方法か相談してみると良いかもしれません。

・訪問着の買取価格は証紙などの証明の有無で変わる

訪問着を価格を下げないための別のポイントがあります。

それが「証明の有無」です。例えばその訪問着が老舗ブランドのものであったり、有名な作家が作ったものであったりする場合、その価値は買取価格に反映されることになります。

しかし確かに有名な作家が作ったと証明するための証紙がなければ、着物買い取り専門業者としても高値で買い取ることはできません。

たとえ専門業者が本物だとわかっているとしても、買い取った着物を別の顧客に売る以上は証紙がなければならないのです。

証紙には着物を作った作家の名前、産地などが記載されており、ブランド品の場合には検印なども押されています。

証紙は着物についていることはほとんどなく、購入した反物についているケースが多くなっています。

証紙の有無で査定額は大きく変わるので、着物買い取り専門業者に持って行く前に根気強く探すようにしてください。

・訪問着の買取価格は着物買い取り業者で変わる

訪問着を買い取ってもらう時には、どの着物買い取り業者に依頼するかもとても重要なポイントとなります。

例えばリサイクルショップや質屋なども着物の買取はしてくれますが、専門的な知識を持ってはいないので本当に着物の価値はおそらくわからないでしょう。

せっかく質の良い訪問着を持って行っても、古着として処理されてしまいほとんど価値が付かないということも生じ得ます。

また着物専門の買い取り業者であっても、査定額は変わってきます。

買い取り実績のあまりない業者に査定を依頼してしまうと期待したような買取価格は出ないでしょう。

顧客が専門的な知識がないことを逆手に取って、安く買いたたこうとする業者もいます。

一方でしっかりと販売ルートを持っている着物買い取り専門業者であれば、今まで培ったノウハウを生かして最大限高値で買い取りをしてくれます。

特に良い買い取り業者は、シミや汚れがあっても買い取るとホームページに記載していたり、古い柄や紋付の着物でも大丈夫と書いてあるところです。

さらに出張買取をしていたり、顧客満足度が高かったりする着物買い取り専門業者は信頼でき、顧客の立場に立った査定をしてくれることでしょう。

着物買い取り専門業者の中にはアフターフォローまでしっかりしてくれるところもあるので、できるだけ評判の良い業者を探して選ぶのが着物の売却を成功させるための秘訣なのです。

和装品も一緒に買い取ってもらう

訪問着などの着物と共に買い取ってほしいものとして、和装品が挙げられます。

和装品の中にはかんざしや帯どめ、草履、バッグなどがあるかもしれません。

これら一つひとつはあまり目立たない和装小物ですが、着物を着た時にその着物を引き立てる大切な役割を担っています。

和装小物が家にあるという方は、着物買取専門業者に買い取ってもらうことを検討できるかもしれません。

ただしすべての和装小物に値段が付くというわけではないので注意が必要です。

例えば帯締めや帯どめは高値が付く場合があります。

例えば有名な作家が作った帯締め、宝石などで装飾が施されている帯締めなどは買取価格が高くなります。

一方で帯どめの中には珊瑚や象牙などが使われているものもあり人気が高くなっています。

帯締めや帯どめは着物になくてはならないものですが、草履やバッグは着物の引き立て役として価値があります。

ただしこちらもすべてが高額買取になるというわけではなく、草履は伝統工芸品としての価値があるかどうか、バッグは需要の高いデザインかどうかによって査定額が変わってきます。

いずれにしても素人では判断するのが難しいので、着物買取専門業者に持って行って尋ねてみるのが最善です。

 

-着物の買取について

Copyright© 着物買取のおすすめ方法!信頼度・査定価格・安心感で失敗しない選び方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.