コンテンツへ

粗品特集

一言に「粗品」といっても、その目的や使い方は様々です。

店舗やイベントの集客を増やすために来場者に配ったり、購買促進のために購入・成約特典として用意したり、企業名を印刷して広告効果を狙ったり。最もポピュラーなものとしては、街頭で配られているポケットティッシュを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。みなさんも日常生活の中で、意識はせずとも「粗品」に出会っている場面が数多くあるかもしれません。
でも、受け取ってすぐに捨ててしまったものや、記憶に残っていないものが多くを占めるのではないでしょうか?粗品選びは簡単なようにみえて、その効果を最大限に生み出すのはなかなか難しいものです。まずは「この粗品にはどんな目的があるのか」、そして「この粗品をどんな相手に渡すのか」を明確にした上で、ご予算や時流と照らし合わせて商品を選ぶことが大切になってきます。
プロモグプラスでは、商品価格やお使いのシーンに沿って、よりスピーディーに粗品をお探しいただくことが可能です。どんな商品を選んだら良いか迷っている方もご安心ください。ご予算・用途に合わせて、最適な商品をご提案させていただきます。お気軽にお問合せください。

シーン&ターゲットからえらぶ粗品

プロモグプラスでは、粗品のご注文を数多くいただいております。そんな経験をいかして商品選びのコツをご紹介!
商品選びでは、シーンやターゲットから連想されるキーワードを並べてみると、よりイメージが明確になってきます。
「どんなシーンで」・「どんな方に」お渡しする粗品なのかを考えてみましょう。
この2つをかけ合わせることで、あてはまる粗品が絞られてきます。こうして選ばれた粗品は、最大限の効果を発揮してくれるはず。みなさまの粗品選びの参考にご覧ください。

STEP-1 どんなシーン?どんな目的?

粗品をお渡しするイベントの種類や、粗品をお渡しする目的は何でしょうか。
学校や企業、店舗、地域など様々なシーンで、粗品は利用されています。

  • 大学・オープンキャンパス粗品
  • 製造メーカー 展示会の来場粗品
  • 住宅展示場 来場者プレゼント
  • 自治会・町内会 市民運動会の賞品
  • 学習塾・習い事 体験入学粗品
  • 営業・販売員 挨拶粗品、成約記念品
  • スーパー・商店街 歳末福引の景品
  • 地方自治体 市民マラソン大会参加賞

STEP-2 どんな方に?ターゲットとなるのは?

粗品をお渡しする相手の年齢や性別、職業は何でしょうか?
ターゲットとなる方の属性によって、よろこばれる粗品は変わります。
ターゲットの趣味・嗜好がより絞られる場合もあれば、幅広く・様々な属性の方々が対象になる場合もあります。

  • 男性
  • こども
  • 会社員
  • 学生
  • 女性
  • シルバー世代
  • 主婦
  • ファミリー層

STEP-3 シーン×ターゲットのかけ合わせ

シーン:オープンキャンパス

学校名を覚えてもらい、
より良い印象を残したいオープンキャンパス。
有名メーカーの商品で好印象を与えよう

  • 学校名を名入れ
  • 日本のメーカー製品

ターゲット:学生

学生の中でも対象は受験生。
勉強で役立つものは使ってもらえる可能性大。
若者には流行の要素も必要。

  • 受験生
  • ステーショナリー
  • 流 行

シーン:メーカー展示会

社名や製品名をいかにPRできるかが勝負
他社の粗品にうもれない、目立つ要素が必要。

  • 社名や製品名を名入れ
  • めずらしい粗品

ターゲット:会社員

来場者は会社員なので、オフィス用品やエチケット
グッズなら男女問わず使ってもらえる。
携帯いただけるもの・日常的に使うものは、
社名・製品名を思い出してもらえるのでgood!

  • 身だしなみ
  • 携帯可能アイテム
  • 使用頻度の高いアイテム
  • オフィス用品