コンテンツへ

記念品特集

記念品特集

心に残る思い出の記念品をご提案します。

記念品選びには、贈るシーンや贈る人の想いが伝わるような商品を選ぶことが大切ですが、いざ探してみると思うようなものが見つからなかったりと、なかなか難しいものです。
プロモグプラスでは用途に合わせた商品を様々な価格帯でご用意しています。氏名、企業名、学校名などを商品に名入れするサービスも、簡易なものであればWEB上でご注文が完結!ロゴやイラストを名入れしたい場合は専属のオペレーターが分かりやすくご注文の流れをご案内いたします。
どんな商品を選んだら良いか迷っている方もご安心ください。ご予算・用途に合わせて、最適な商品を専門スタッフがご提案いたします。お気軽にお問合せください。

オリジナル名入れもお任せください!

イベントで選ぶ記念品

記念品を贈るときのマナー

入学・卒業、結婚、退職、開店など人生の節目に記念品はつきものです。どんなときにどんな記念品を選ぶか、頭を悩ませるところですが、記念品選びと同じように頭を悩ませるのが目録作りやのし選びです。いろいろなルールがあり、迷ったご経験がある方も多いのではないでしょうか?結納のときの結納目録や挙式の前に荷物の引き渡しを確認する荷物目録、お祝いのときの祝い目録、褒賞のときの贈答目録などシーンは様々です。ここでは目録の書き方や、のし紙のマナーをご案内します。

記念品目録の書き方

  1. 右中央に「目録」と書きます。(表題)
  2. 表題の次に、贈る品名と数量を書きます。
  3. 贈呈する由来を簡潔に書きます。
    (例:「○○のお祝いとしてお贈り申し上げます」「右の品を○○ の記念品として贈呈いたします」)
     この部分は書かない場合もあります。
  4. 贈る日付を書きます。
  5. 贈呈者を書きます。
  6. 最後に受領者の宛名を書きます。

表書き

上包みの上書きに目録と書くか、御祝、御礼、粗品、贈、謹呈などと書きます。

※最近では形式にとらわれず、目録を作らずに記念品を贈呈する場合も増えています。 しかし、記念品を贈られる側の気持ちとしては、これらの記念品目録があったほうが、思い出にも残り、喜ばれることでしょう。 また結納などの場では、これらの伝統の形式は必ず必要になります。

のし紙・表書きのマナー

用途

贈る時期とマナー

のし紙

表書き

体裁

一般的なお祝い 片方の水引を引くとほどけ、再度結ぶことができることから、何度くり返しても
良い「慶事一般のお祝い」に用います。
紅白5本
蝶(花)結び
御祝 紅白5本 蝶(花)結び
開店・開業祝い 開店や開業のお祝いを贈る場合や、
開店・開業パーティに招かれたときの手土産品に用います。
紅白5本
蝶(花)結び
開業御祝
開店御祝
紅白5本 蝶(花)結び
記念品 卒業記念、退職記念、開店記念、創業記念や
ゴルフコンペの記念品など、記念品全般的に用います。
紅白5本
蝶(花)結び
記念品 紅白5本 蝶(花)結び
周年記念 企業や店舗などの周年記念の品に用います。
迎えた周年数を表示します。
紅白5本
蝶(花)結び
○周年記念 紅白5本 蝶(花)結び
粗品 『粗末なものですが』という意味でへりくだった気持ちを表しています。
ささやかな贈り物や、大げさでない気持ちを表す時に用います。
また、ちょっとしたお詫びの気持ちを込めて贈る場合にも使われます。
大切なご挨拶品を贈る際には用いません。
紅白5本
蝶(花)結び
粗品 紅白5本 蝶(花)結び
無地のし 年間を通して「日頃の感謝の気持ち」や「ちょっとした気持ち」を贈りたい
場合に用います。
紅白5本
蝶(花)結び
無地 紅白5本 蝶(花)結び